全空連決勝

日本武道館にN先輩と後輩のKと全空連の全国大会の決勝を見にいった
玉ねぎ館は3階以外はほぼ満席の状態
同門の日本空手協会の選手も出場しているのでわくわくしながら試合を拝見することに♥
しかし、極めの強さと間合いを重視する協会の選手はどうしても相手に技をあててしまって反則を取られてしまい、その結果技が出せなくなってしまっているようだ。。
今まで空手協会の試合ばかりを見てきた自分としては、腰の入っていない手だけの突きや鼻先をかすめる回し蹴り(蹴込みなら鼻先でも良いと思うが。。。)でも有効や一本を取れるルールにはチョット↓↓
日本空手協会の試合とは完全に別物の試合と感じた試合だった
ただ、男子決勝の松久x荒賀の試合はあたりも強く、血みどろになるくらいの試合だったので見応えがあった
(空手協会ではふつーだけど。。)
空手協会のトップ選手が全空連で良い成績を残せないのは正直悔しいが、あのルールじゃしょうがない!!
今回優勝した荒賀も空手協会の試合じゃ結果残せないから、ほんと別ものの空手なんだと実感した

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。